スマート水道ネットワークソリューション

スマート水道ネットワークソリューション

海外の水道業界では近年、スマートメーターだけではなく「スマート水道ネットワーク」の実現が注目されています。老朽管の維持管理、漏水対策、アセットマネジメントの効率化など、水道事業者の抱える課題は水道スマートメーターのみで解決できるものではありません。よりスマートな水道インフラや新しい技術への投資に関するニーズは明らかであるものの、エンドツーエンドソリューションとしてのスマート水道ネットワークの導入事例はまだ限られているのが現状です。

 

センサスのホワイトペーパースマート水道ネットワーク20/20を読む>

 

スマート水道ネットワークとは

スマート水道ネットワークとは、水道事業者が遠隔で送配水管網の監視管理を行い、データを用いて送配水管網の最適化を図るために統合された、複数の製品やシステムから構成されるソリューションです。これには、ソフトウェアやサービスに加え、制御装置、センサーや計量機器(スマートメーター)、ならびに双方向通信によるリアルタイムネットワークが含まれます。

双方向通信によるリアルタイムネットワークは以前からある技術ですが、水道メーターの電源の確保と設置場所による問題が新しい技術の導入を阻んできました。水道管は地下に埋まっているため、アクセスが困難で費用もかかります。

 

 

 

センサスのスマート水道ネットワーク

スマート水道ネットワークは、水道事業者による漏水探知、送配水管網の維持管理や水運用、設備投資の改善に貢献します。水道事業者は、ネットワークから得られるデータを活用して、遠隔で送配水管網の監視、制御および最適化を行うことができます。次世代水道スマートメーターiPERL™は、双方向通信と組み合わせられることによって、スマート水道ネットワークの基盤を構築します。水道事業者は、iPERLをFlexNet™ AMI通信ネットワークと統合することにより、送配水管網上の問題を早期に検知し、データに基づいた運用判断が可能になります。